ブラキュウラ(アルゼンチン怪魚)がヤバい!画像と地域、生態や毒についても!

こんにちは、マヤノです。

UMAというものをご存知ですか?

雪山の人形生物、インド洋の巨大生物

最もポピュラーなものだとイギリス

ネス湖のネッシーなんかが有名です。

謎であり、さらに巨大となると

好奇心マックスですよね。

今回はUMAではありませんが

アルゼンチンの「謎の巨大魚」

ブラキュウラについて調べてきました。

このブラキュウ、1月17日放送の

「世界なんだこれ!ミステリー」

にて特集されるようですね。

なんとも呼びにくいブラキュウラ。

現地では「幻の怪魚」と呼ばれ

とんでもない大きさに、毒まで

兼ね備えているようなんです。

どんな生物か?早速見ていきましょう。

スポンサードリンク

怪魚ブラキュウラ

関連画像

現地でブラキュウラと呼ばれている

この魚、実際は「淡水エイ」と

言うエイの仲間と思われます。

海の生物でも淡水に適応する

生物は僅かに存在し、有名どこ

ですと「オオメジロザメ」などがいます。

こちらのサメは本来は海に生息

していますが、淡水にも適応でき

川での発見例や事故例はいくつも

上がっている非常に危険なサメです。

エイも本来は海に生息するものが

一般的ですが、エイというのは

実に多様な生物で、中にはこの

ように淡水で生活するものも存在します。

恐らく、アルゼンチンの特定の川

に昔から目撃され、ブラキュウラ

という名前が付けられたのでしょう。

ちなみにブラキュウラで検索すると

「悪魔城ドラキュラ」の敵がヒットします。

「ブラキュウラ 」の画像検索結果

これは・・・カニかな?

こちらも怪生物なのは間違いないですね。笑

スポンサードリンク

ブラキュウラの生息域

「淡水エイ」の画像検索結果

ブラキュウラもとい、淡水エイ。

その分布はとても広く南米アマゾン

東南アジアの川に広く生息しています。

地方によって呼び名や形態が違い

アマゾンでは「ヒストリクス」

タイでは「プラークラベーン」

そして今回のブラキュウラは別名

アハイア・グランディと呼ばれる

2m級の巨大種でポルトガル語で

「大きなエイ」という意味だそうです。

プラークラベーンは最大4mを超える

個体も存在し、アルゼンチンの

ブラキュウラはこちらに近い仲間

と思われます。

それにしても川に4m級の生物と

出くわしたらパニックは必死ですよね。笑

「怪魚」「UMA」などの噂や伝説

が残ってもなんら不思議ではありません。

もし海外で見つけても画像のように

触るのは控えたほうがいいかも・・・

スポンサードリンク

ブラキュウラの生態

アルゼンチンの怪魚ブラキュウラ

に関しては詳しい生態は分かって

いないそうですが、淡水エイ自体は

意外とポピュラーな生物で、ペット

としても一般で流通しています。

「淡水エイ」の画像検索結果

ご覧の通り、種類によっては

とても鮮やかな色合が人気で

ファンも多い魚のようですね。

しかし、飼育の難しさや入手難度が

他のペットより高めとなっており、

やはり気軽に飼育できる生物では

無いのでしょう。

もしも生で見たい場合は水族館に

行けば見れると思います。

2m級の巨大なものはいないと

思いますけどね。笑

ちなみに寿命はとても長く、

個体によっては10年以上生きる

個体もいるんだとか。

スポンサードリンク

毒はあるの?

「淡水エイ 毒」の画像検索結果

エイといえばアカエイで知られる

尻尾の「毒」が怖いですよね。

当然、淡水エイにも毒の棘があります。

詳しく説明すると尾の付け根に棘が

あり、棘に刺されると毒が注入されます。

症状は激しい痛み、発汗、めまいや

呼吸困難、痙攣などを引き起こします。

もし刺された場合は40℃程のお湯や

食塩水を患部に流すorつけ、熱分解

による処置を施しましょう。

当然、応急処置なので病院には

必ず行くこと。棘は取り除く際に

切断すると数ヶ月で再生してしまう

ため、除去の際は注意が必要です。

大人しく医療機関で除去してもらう

のが好ましいでしょう。

ブラキュウは食べられる?

「エイ 食べる」の画像検索結果

エイも魚の一種でもちろん

美味しく頂けます。

処理をしたエイは泥臭さが抜け

その癖の無い淡白な味わいは、

煮付けにしても良し、干物も良し

揚げても良し、と意外と万能な

食材のようですね。

しかし、これは一般のエイで

あってこのような巨大なサイズは

食べても大味そうですよね。

さすがに番組内で食べることは

ないと思いますが・・・。

もしかしたら食べる、なんて展開

もあるかもしれませんね。笑

スポンサードリンク

今回のまとめ

いかがでしたか?

アルゼンチン幻の怪魚ブラキュウラ

もとい、淡水エイについて色々と

調べてきました。

淡水エイは本来大人しい生物らしく

脅かしたり、不用意に近づかなけれ

ば危険は少ないと言われています。

しかし、エイは性質上砂の中を好み

気づかずに踏んでしまうパターンが

多く報告されています。

私もとある離島に旅行した際に

エイと出くわした事があります。

そいつは砂の中に半分隠れており

なんと波打ち際にいたので危うく

踏みかける所でした。

エイは浅瀬にも生息しているので

海や生息域に入る際はこちらから

注意してあげましょう。

1月17日の「世界なんだこれ!ミステリー」

では動いているブラキュウラを見れる

でしょう。楽しみですね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする