ハッポゥくん(発泡スチロール芸人)の作品が凄い!経歴や素顔など

こんにちは、マヤノです。

今回は異色の芸人ハッポゥくんについてご紹介したいと思います。

芸風は発泡スチロールをその場で加工し、人物の似顔絵などを設計図なしで完成させると言うもので、芸人として「面白い」とかではなく「普通に凄い」です。

日本のお笑い芸人と言うより、海外のパフォーマーとかに近い芸人です。

見るほうが早いですね、早速行ってみましょう。

スポンサードリンク

■ハッポゥくんの作品

出典:https://www.youtube.com/watch?v=6j7N-FYNDXM

出典:https://www.youtube.com/watch?v=k7I4B0hWXho

いかがですか?別に面白いわけではない!笑

だけど普通に凄いですよね。しかも設計図、下書きナシの即興で作ってるんですよ。

「ハッポゥくん 」の画像検索結果

出典:https://twitter.com/t_kobo/status/305230570336702465

ほんの一部ですがこれ以上に凄い作品も沢山あります。

発泡スチロールさえあれば、なんでも作ってしまうんですね。

どこでこんなワザを見に付けたのでしょうか?経歴でご紹介します。

■ハッポゥくん プロフ、経歴

出典:http://www.kdashstage.jp/profile/archives/16

本名:高橋和之(たかはし かずゆき)

生年月日:1980年4月13日(37歳)

出身地:群馬県

最終学歴:群馬大学教育学部美術専攻

事務所:ケイダッシュ

スポンサードリンク

●経歴

過去には「Aランチ」と言うコンビ名で普通の芸人として活動していましたが、2004年から美術製作工房「高橋工房」として活動を開始、バナナマン、よゐこ、ホリ、AAAのライブコンサートに美術作品、小道具などを提供しています。

大学で美術専攻だけあって手先が非常に器用で、物作りが得意だったんですね!

そして2011年10月から現在のスタイル「ハッポゥくん」として活動をスタート。

美術制作は「高橋工房」、芸人では「ハッポゥくん」と使い分けるようになりました。

2013年に「発泡スチロール協会」より「発泡スチロール大使」に任命され、各地で様々なイベントを行うようになる。

営業では結婚式に呼ばれることも多いらしく、作品が出来上がると100%歓声をいただくそうです。新郎新婦の似顔絵を作っているのでしょうね。

また、ベネッセの子供用教材「こどもちゃれんじ ぽけっと」「できたお兄さん」としても出演したことがあり、教育番組の歌のお兄さん的なポジションの仕事もありました。

こうみると芸人としてかなり異色な経歴であることが分かりますね。

ちなみにM-1グランプリにも出場したことがあり、三回戦まで勝ち進んだこともあったようで、芸人としての活動もしっかりこなしています。

最後に素顔

sirabee1031natsukoakiko013

出典:https://ameblo.jp/takahashikobo/entry-10918273073.html

こちらが素顔・・・というかプライベートのハッポゥくんです。

意外とイケメン?

手に持っている盾と槍は自身の作品のようで、凄まじいクオリティですね。

製作のプロとして確かな力量が伝わってきます。

まとめ

正直芸人としてはイマイチという印象ですが、逆に他の芸人には出来ない作品作りが魅力ですね。

海外では日本の芸人はウケないと思いますが、ハッポゥくんの芸は確実に海外でも通用するはずです。

これからも多方面の活躍を期待しています。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする