河原直明(葛西水族館)の年収や結婚(妻)、高校と大学も調査!【プロフェッショナル】

「ダイビング フリー画像」の画像検索結果

こんにちは、マヤノです。

冒険家、探検家、考古学者など

世界を自由に飛び回る仕事って

誰しも一度は憧れますよね。

1月22日放送の「プロフェッショナル」

にて、そんな憧れに近い仕事を

している河原直明さんが特集されます。

河原直明さんは葛西臨海水族館の職員

さんですが、様々な場所に赴き

自ら海の生物を捕獲するんだとか。

最高にワクワクしますね、一体

どのような方なのか?

今回はそんな水族館職員・河原直明

さんを紹介して行きたいと思います。

スポンサードリンク

河原直明 プロフィール

生きものと生きる/水族館の調査係・河原直明(かわはら・なおあき)さん

名前:河原直明(かわはら なおあき)

生年:1973年

年齢:44歳

職業:葛西臨海水族園職員 調査係

水族館の職員と聞くと、魚たちに

餌を与えたり、イルカなどのショー

を行う飼育員さんといった印象が

あるかと思います。

河原直明さんの所属「調査係」は

なんと現地に行って生物を採集

する部署なんだそうです。

その範囲は国内に留まらず、世界中

に及び、今までに南米や南極近くの

海域など、我々には馴染みの無い

場所に赴き、お目当ての生物をゲット

するんだとか。

水族館の生物ってそういった感じ

で集められていたんですね!

それにしても仕事とは言え、旅に

近いものがありますね。

世界中を飛び回れるなんて本当に

夢のような職業です!

河原直明さんの高校や大学は?

現在、水族園の職員として働いて

いる河原直明さん。高校や大学も

生物関連だったのでしょうか?

調べてみたところ、地元である

神奈川県の高校を卒業しアメリカの

大学を卒業している事が分かりました。

アメリカの大学では「海洋科学部」

だったらしく、恐らく高校時代から

海に興味があったのでしょう。

それにしても、高校を卒業しアメリカ

の大学に進学するとは凄い行動力ですね。

ちなみに大学在学中に

「水の上と下は全くの別世界」

「普段、陸上では見えない見えないものを見ることが出来る」

と、強く感じるようになり更に

海の世界に惹き込まれて行ったと

語っています。

深海の調査は宇宙と同じくらい

進んでいないらしく、その殆どが

手付かずの状態ですよね。

手付かずだからこそロマンがあり、

海への好奇心に染まる気持ちは

とても共感できます。

スポンサードリンク

河原直明さんは結婚している?

海に魅せられた河原直明さん。

結婚しお子さんなどはいるのでしょうか?

調べてはみましたが、河原さんの

結婚などの情報は出てきませんでした。

しかし、44歳という年齢は結婚し

お子さんがいてもなんら不思議では

ない年ですよね。

もう結婚をされている可能性は

一般的に見て高いと思われます。

河原直明さんの年収は?

「イルカショー  フリー画像」の画像検索結果

少し下世話な話しになりますが

どうしても「年収」は気になって

しまいますよね。

勿論公表などはされておらず、

私の推測となりますが、水族館の

職員の一般的な年収は400万円ほど

と言われており、公立や人気水族館

でもおよそ600万円前後らしいですね。

ただ、河野さんの場合はプロジェクト

のリーダーを務めており、そこから

出張手当や危険手当などの特殊な手当

も支給されているかもしれません。

それらを加味すると700~1000万

くらいは貰っているかもしれませんね。

葛西臨海水族園も日本でトップクラス

の有名水族館ですからね、他所より

多少高くても不自然では無いでしょう。

スポンサードリンク

プロフェッショナルの見どころ

「プロフェッショナル」では半年間

河合さんに密着し、オーストラリア

や小笠原での海中採集の様子が

見れるみたいですね。

今回の見所の一つは「海の美しさ」です。

オーストラリアは勿論の事、

小笠原諸島の海はボニンブルーと

言われ、大変美しい事で有名です。

実は私は小笠原諸島が大好きで

何度か「父島」に滞在した経験があります。

世界遺産である小笠原を是非皆さん

にご覧になって貰いたいですね。

ちなみに島に行く手段は「フェリー」

のみで片道25時間30分もかかります。

今回のまとめ

いかがでしたか?

葛西臨海水族園調査係の河原さんに

ついて色々と調べてきました。

世界のあらゆる海に赴き、生物を

採集する仕事、と聞くとなんて

楽しそうでロマンに溢れた仕事だ

と、思われるかもしれません。

しかし、世界のあらゆる海に入る

という事は、想像以上に危険な事で

我々には分からない苦労も沢山経験

されているはずです。

本物の「情熱」や「覚悟」が

無ければとても務まるものでは

無いのでしょうね。

それでも、やっぱり、憧れちゃいますよね。笑

1月19日の「プロフェッショナル」

では半年間、河原さんに密着したようです。

どんな海を魅せてくれるのか、とても注目ですね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする