河合敦(高校教師、歴史学者)のプロフや経歴。年収や結婚は?【世界一受けたい授業】

こんにちは、マヤノです。

世界一受けたい授業にて高校教員の

河合敦さんが出演されます。

数々のテレビ出演や歴史の著書も出している方で

テレビで見ていると歴史がスッと入っていきます。

今回はそんな「歴史のエキスパート」

河合敦さんのプロフィールや経歴

結婚や気になる年収について調べてきました!

スポンサードリンク

■河合敦プロフィール

「河合 敦 」の画像検索結果

出典:http://best-times.jp/articles/-/1558

名前:河合敦(かわい あつし)

生年月日:1965年

年齢:52歳(2017年11月現在)

出身地:東京都町田市

出身大学:青山学院大学文学部史学科卒業

その後、早稲田大学院修博士課程単位習得 満期退学

職業:高校教師、歴史作家、歴史研究家

高校の偏差値は56で進学校というわけではありませんが

青学→早稲田に入学しています。

高校以外に、塾や自宅での学習を怠らなかったのでしょうね。

■河合敦・経歴

河合さんの歴史との出会いは

小学生の時だったようです。

少年時代に家の裏庭で、偶然にも土器を発見した事から

歴史に興味を持ったようです。

裏庭から土器って偶然もいいとこですよね。

ちなみに縄文土器の可能性が高かったとのこと。

そして、高校時代に小説「龍馬がゆく」に影響を受け

日本史の教師を本格的に目指したようです。

司馬遼太郎に影響を受ける人は多いですよね、

日本屈指の小説家なので、様々な人が愛読していることと思います。

その後、青山学院大学に入学。

大学時代は「郷土史研究賞優秀賞」に輝くなど

日本史への理解を着実に深めていく。

青山学院大学卒業後は、早稲田大学院(日本史専攻)に入学。

修博士課程単位習得に満期退学する。

青学卒業後に早稲田の大学院に行く辺り、

日本史への思いが伝わってきますね、非常に熱いものを感じますね。

1989年に都立町田養護学校へ教職に就きます。

その後は、様々な都立高校へ赴任し教員としての経験を積んだようです。

ちなみにこの時から歴史雑誌に記事を寄稿するなど

執筆活動も開始していたとのこと。

そして、その執筆活動が実を結び、人生の転機が訪れます

スポンサードリンク

●テレビ出演で知名度を獲得

執筆活動で有名となり「世界一受けたい授業」に出演。

日本史へのエキスパートとして一躍、日本中に知れ渡ります。

そして、2016年には多摩大学客員教授

早稲田大学教育学部で歴史分野の講義もしているとのことです。

歴史作家、歴史研究家、高校教師、大学講師など

様々な活動をしている事が分かりますね。

ちなみに世界一受けたい授業には、10回以上出演されているそうで

ちょっとした準レギュラーのようになっていますね。

さて、幅広く活動している河合さんですが

結婚や年収はどうなのでしょうか?

早速見ていきましょう!

■結婚はしている?

何分、タレントでは無いので詳しいことは

分りませんでしたが

結婚はしているとの情報が多数あるので

既婚の可能性が高いですね。

しかし、教員の結婚率はとても高いとの

データもあり、この方の話のスキルも相当なものなので

女性からはモテる気もします。

年齢的にもやはり結婚しお子さんがいて

中高生くらいでもなんら不思議では無いでしょう。

お子さんにも歴史の話をしてるのかもしれませんね。笑

スポンサードリンク

■年収は?

「河合 敦 」の画像検索結果

出典:http://test-www.bookscan.co.jp/interviewarticle/131/all

有名人の宿命と言いますか・・・

やはり年収というのは気になってしまいますよね!

河合さんは客員教授、早稲田大学講師として

活動している他に、テレビ・メデイア出演や多数の著書があります。

有名大学の教授ともなれば年収2000万クラスも

ザラにいるそうで・・・そういったことも踏まえると

ズバリ、1000万~2000万は堅いのでは無いでしょうか?

年収2000万と言えば大企業の役員クラスですね!

河合さんの活躍を考えると、それでも少なく感じてしまいます。

■今回のまとめ

いかがだったでしょうか。

「好きこそものの上手なれ」と言う言葉がありますが

少年時代から好きだった事で身を立てられる人って

やはりカッコイイですし、素直に憧れます!

先生独自の考えもとても知識欲をそそり

話も本当に上手で、人としての魅力も感じます。

これからもテレビで楽しい歴史を聞かせて貰いたいですね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする