松坂大輔ソフトバンク退団理由|引退?現役続行?獲得球団はある?

こんにちは、マヤノです。

松坂大輔投手がソフトバンクホークスの退団を発表しました。

ソフトバンクvs横浜ベイスターズで日本シリーズが盛り上がる中、ちょっと暗いニュースですね。

この契約更新の時期なので仕方ありませんが、松坂ほどの投手が戦力外というのは時代の流れを感じます。

野球に詳しい人ならなぜ松坂が退団するのかはすぐに分かると思いますが、一般の人はそもそもソフトバンクに所属していたことすら知らないかもしれませんね。

かつての「日本のエース」松坂大輔の退団理由や、引退の可能性現役続行なら獲得球団はあるのか?を野球に詳しくない人にも伝わるように書いていきます。

スポンサードリンク

■松坂大輔SB退団理由

「松坂大輔 wbc」の画像検索結果

出典:http://npb.jp/wbc/2009/0301exhibition.html

退団理由を説明するためには松坂のソフトバンクでの様子を語らねばなりませんね。

●答えられなかった期待

松坂は2014年オフにソフトバンク入りが決定し、9年振りに日本球界への復帰となりました。

3年総額12億円もの大型契約を結び、プロ野球ファンは大盛り上がりだったのを覚えています。

日本球界復帰の背景にはメジャーリーグでの不振がありました。

「メジャーで活躍出来なくなっていても日本なら」という日本のファンの期待とは裏腹に、ソフトバンク三年間での一軍成績は、2016年10月楽天戦での1回5失点のみ。

ファンも解説も野球関係者も誰一人として「ここまで投げれない」とは思ってもみませんでした。

肩の怪我、不調

メジャーですでに肩を痛めおり、日本に戻ってきても少し投げては肩痛がまた少し投げては・・・という状態が慢性的に続いていました。

直球も140kmほどしか出ず、肩痛のせいかフォームも変わり、コントロール(元々良くなかったが)も定まりませんでした。

以上の事から、ソフトバンクでの松坂は「ずーーと調整中」で、3年間この状態が続いていたので一般の人は忘れ、SBファンも完全に諦めムードでしたね。

さすがのソフトバンクもこれには戦力外を決断したようです。

松坂は以前の輝きを取り戻そうと一生懸命だったのかもしれませんが、ファンからしたら投げない高給取りなのでヘイトが溜まるのも当然かもしれません。

■引退?or現役続行?

「松坂大輔 西武」の画像検索結果

出典:https://blogs.yahoo.co.jp

さて、注目となる松坂の今後は「現役続行」のようです。

正式なコメントは出していませんが、現役続行を強く熱望しているようで今後は国内の球団を中心に探していくことになるでしょう。

今年10月には捕手を座らせ39球投じ、体重も例年より10kgほど絞り、本人的にも手応えを感じているようです。

そして、松坂の嫁さんと子供は現在アメリカで暮らしており、高額な教育費やセレブ生活が染み付いて「お金が必要」と以前からもっぱらの噂となっています!

野球も続けたいし、家族の為にお金も稼がなければいけないので、

「まだ辞めるわけにはいかないとい」と言う事情もあるのかもしれません。

スポンサードリンク

■獲得球団はあるのか

本人が現役希望でも取る球団が無ければ、野球浪人か引退しかありません。

言っちゃ悪いんですが松坂はこの3年間、肩痛→リハビリ→手応え感じる→肩痛、と3年間同じような事を繰り返しており、ハッキリ言ってイメージがとても悪いです!

人によっては「給料泥棒」など厳しい目で見る人も少なくないでしょう。

しかも投げれるかどうかも分からず、ここ数年のリハビリ暮らしでファンからの人気もあまり期待できず、獲得しても「無駄金」になる可能性も否定できません。

●獲得の可能性がある球団

市場から見たらとても手を出せない松坂大輔、それでも獲得する可能性のある球団を考えてみました!

・東京ヤクルトスワローズ

今期ぶっちぎりの最下位を独走したヤクルト、投手陣も完全に崩壊しており、チーム戦力から考えると僅かながら獲得の可能性があります。

しかし、宮本ヘッドコーチと小川監督の方針はチームを一から鍛えるとのことで、広島のような成のチーム」を目指しています。

来年優勝やAクラスを狙うのであれば、万が一の獲得もあったかもしれませんが、宮本が監督をやる際のチーム作りをしているように見えるので、2~3年はBクラスも覚悟しているはずなので、やはり獲得は絶望的かもしれません。

・西武ライオンズ

一番可能性があるのは間違いなく西武ライオンズ。

松坂の古巣球団で、温情や引退後のコーチなどの狙いから獲得の可能性は全球団中No.1です。

松坂の西武ユニフォームをもう一度見たいファンも多いでしょうし、牧田の享受も不明瞭なので投手が足りないのも事実です。

そして、楽天を退団する松井稼頭央を獲得する可能性も高く、以前の大スター二人が復帰すれば興行面での期待も持てるはずです。

ただ、一番の懸念が松坂が日本球団復帰の際に「オファー出していなかった」ことです。

西武は金払いがあまり良い球団ではなく、FAを獲得したら選手がすぐに出ていくことで有名です。

プロ選手の住まいとは思えない「オンボロ寮」も近年話題になっているにも関わらず、改築する気配さえありません。

出来るだけお金を使わない倹約球団なので、獲得は微妙ですが、

西武へ復帰が一番現実的です!

逆に西武からもオファーが無かったら引退も有りうるかも・・・。

※西武が「戦力的に厳しい」とのコメントを出したので、これで行き先は独立リーグくらいしかありませんね。

■今回のまとめ

いかがだったでしょうか。

平成の怪物・松坂大輔の姿を管理人としても、もう一度見たいのが本音です。

ちなみに、獲得するとしたら単年2000万円くらいの契約だと思います。

なんとか西武に復帰し、最後にひと花咲かせてもらいたいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする