お侍ちゃんの大学(学歴)や本名、wiki経歴と年齢!美人妻・麻奈も調査!

こんにちは、マヤノです。

自分が大学生の頃、卒業後は芸人!

なんて思う人は少ないですよね。

良い大学なら尚更大手企業への就職

を望む人が大半かと思います。

今回ご紹介するのは常識に反し、

高学歴ながら芸人を選んだ

「お侍ちゃん」をご紹介していこうと思います。

お侍ちゃんは高学歴だけでは無く、

芸人の中でも飛び抜けたキャラクター

を持っています。

知る人ぞ知る隠れ人気芸人

といった感じでしょうか。

どのような人物なのか?

早速見ていきましょう。

スポンサードリンク

お侍ちゃんwikiプロフィール(芸人ver)

関連画像

お侍ちゃんは侍芸人として活動し、

キャラクター上の設定をかなり

詳細に練っています。

芸名:お侍ちゃん

生年月日1681年3月17日

年齢:336歳

出身:陸奥国南部藩

最終学歴:四谷の寺小屋

1600年代のお侍という設定で、

御年336歳!笑

そのまま現代まで生きていたと

という事なんですね。

デーモン小暮閣下みたいです。

出身地の陸奥国南部藩は現在の

「岩手県盛岡市」ですね。

学歴は四谷の寺小屋なので、脱藩し

江戸に行ってしまったのでしょうか。笑

お侍ちゃんの本名や実年齢wiki

関連画像

ここからはお侍ちゃんの本名や

学歴、実年齢などを見て行きましょう。

本名:内村寛裕(うちむら のぶひろ)

生年月日1981年3月17日

出身地:岩手県盛岡市

血液型:o型

身長:174cm

誕生日や出身は芸人設定と変わら

ないんですね~。

ちなみに頭のちょんまげは「地毛」

となっており、普段もちょんまげ

&和服を着用している事が多いんだとか。

スポンサードリンク

お侍ちゃんは高学歴?大学や高校

こんな面白いキャラクターで

芸人をしているお侍ちゃん。

見た目とは反した高学歴芸人でした。

高校は地元、岩手で一番の進学校

「岩手県立盛岡第一高等学校」を

卒業しており、偏差値はなんと67!

卒業後は上智大学理工学部物理学科

へ進学し、上京を果たします。

お侍ちゃんはバリバリの理系だった

ようで、普通にエリートですよ。笑

「四谷の寺小屋」の意味がここで

分かりましたね。

なぜ芸人?お侍ちゃんの経歴

「お侍ちゃん」の画像検索結果

地元一の進学校を卒業し、大学も

上智とエリート街道に乗っていた

のに、なぜ芸人を選んだのでしょうか?

お侍ちゃんが芸人になるキッカケは

高校の時に友人に誘われ、学園祭の

舞台でウケた事に端を発しました。

そこまではあまり目立たない人物

だったらしく、ウケて気持ち良いと

感じて芸人を志したんだとか。

上智大学では真剣にお笑い活動を

スタート。友人とコンビを組み、

プロダクションにも所属していました。

高校でウケた体験が鮮烈だったん

ですね~。良い悪いは置いといて

自分の満足の行く道を選ぶのも

人生ですよね。

大学卒業後は侍エックスという

コンビで活動。解散後はお侍ちゃん

として現在に至ります。

ちなみに元々は侍に興味が無かった

そうですが、現在はどっぷりハマり

殺陣のやられ役の練習をしているそうです。笑

スポンサードリンク

妻の麻奈さんが美人!

「お侍ちゃん 妻」の画像検索結果

芸人活動の傍ら、2013年11月に

麻奈さんと結婚をされています!

見て分かる通り、麻奈さんはとても

綺麗な方ですよね、モデルみたい。

お侍ちゃんと麻奈さんは2010年に

飲み会で初めて出会ったんだとか。

交際のキッカケは麻奈さんから

お侍ちゃんに告白したようです。

言い方は悪いですが、売れない芸人

でしかも地毛のちょんまげ、という

事を考えると嫌がる女性も少なから

ず存在すると思われます。

外見やお金で相手を見ない麻奈さん

の性格の良さが分かるエピソードですね。

その後、順調に交際を続けゴールイン。

夫婦仲は良好で、麻奈さんが派遣

で働き家計を助けているそうです。

麻奈さんを安心させる為にも、

絶対に芸人として成功したい所ですね!

スポンサードリンク

今回のまとめ

いかがでしたか?

唯一無二のキャラクター・お侍ちゃん

について色々とまとめてきました。

私が一番驚いたのは、ちょんまげが

地毛ということですね。

キャラとは言え余程根性が無いと

出来ない芸当です。

ネタの方もシュールながらジワッ

とくる面白さがあり、チャンスが

あればブレイクしてもおかしく無い

と思っています。

また、1月29日の「深イイ話し」に

出演し、麻奈さんを中心に特集され

ます。こちらも大注目ですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする