カズレーザーは変人?天才?魅力を大解剖【メイプル超合金】

11月タイムテーブル

出典:http://www.1242.com/lf/articles/23527/

こんにちは、マヤノです。

今人気爆発中のメイプル超合金カズレーザー

一発屋とは違う確かな実力と、見た人を釘付けにするド派手な外見、そして他に類を見ないほどの強烈な個性が人気を集めています。

と、上記の様な平凡な感想では彼の魅力を表現出来ません!

カズレーザーはキャラなのか奇人なのかはたまた天才なのか?

私なりの視点で解剖していきたいと思います。

スポンサードリンク

内面の魅力

カズレーザーの最大の魅力は、間違いなくその内面にあります。

画像検索結果

出典:http://bunshun.jp/articles/-/1867

・バイセクシャル

キャラでもなんでもなく正真正銘の本物です。芸人とは言えテレビに出る仕事なのに、自分のデリケートな部分を堂々と公表するなんて凄い度胸です。

普通の芸能人なら他人の好奇の目に晒される事を嫌い、隠す事が多いはずですが彼は全く気にしません。この件だけでも彼が普通のタレントとは、一線を画す存在であることが分かりますね。

ちなみにアメリカでのバイセクシャルの比率は女性が多く、男性の三倍ほどいるそうです。

カズレーザーは好みの男性の前ではネコ(受け)になるそうなので、時折見られる柔らかい女性的な仕草もこの事が影響されていると思います。

・並外れた度胸

若い頃のダウンタウンの浜ちゃんも度胸が凄かったですね。

物司会者に喧嘩を売ったり大物アイドルを泣かしたり、やんちゃエピソードは数多くありますが、あの頃のテレビはイケイケでおおらかな時代だったから出来たことでしょう。

カズレーザーは浜ちゃんと方向性こそ違うものの、並外れた度胸を持っています。

芸歴ウン十年の大先輩に「そんな事聞いていいの!?」という内容の質問をする企画がありました。スタジオで悲鳴を上げている出演陣をよそに、彼は初対面の大先輩相手に平然とやってのけていましたね。

ヤラセだとしてもあそこまで平然と出来るものなのでしょうか・・・。

また、特筆すべきはひな壇にいる時の態度です。

周りの若手、中堅芸人は「面白いことを言わなきゃ」とやっきになってガッツイているのに、一人だけ関係ないかのようにのほほんとしています。

ガツガツせずに常に自然体で、若手芸人にありがちな「なんとしてでも売れてやる!」みたいな暑苦しさが全くないので、いい意味で浮いていて逆に目立っていますね。

きっと彼は楽しむ事が最優先で、無理に笑いを取ろうなんて気はさらさら無いのでしょう。

「カズレーザー 優勝」の画像検索結果

出典:geinou-resistance.info

・頭の良さ

同志社大卒で中々の高学歴です。銀行の内定を蹴って芸人になりましたが、同志社は銀行に強い大学なので実はそれほどのエピソードでもありません。

彼の頭の良さが一番分かるのが、お願いランキング内の「カズレーザークリニック」です。

悩みを抱える女の子をスタジオに招いて、カズレーザーが悩みを解決するコーナーなんですが、悩みの本質を瞬時に捉えて解決策を提示する頭の回転の速さにビックリします。

また、女の子達の価値観や個性を大事にする優しさも垣間見えますね。

大物司会者の突然のフリにもアッサリ対応する辺りは、頭の良さ、回転の速さ、並外れた度胸の証拠でしょう。

・浮世離れした感性

私が思うカズレーザー最大の魅力は浮世離れした感性です。

「働きたくないから芸人になる」「お金に頓着がない」「赤しか着ない」

まだまだエピソードは山のようにありますが、彼がまとうミステリアスカリスマ性すら感じられる独特の空気感は全てこの感性のせいではないかな、と思うんです。

独特の感性に素直に従って生きる彼の発言、言動は「サイコパスでは?」と疑う人も居ますが、常識に縛られた我々が彼を理解できないのは当たり前の事です。

そもそもサイコパスはあんなに優しくありませんよ。笑

スポンサードリンク

外見の魅力

身長180cm、色白なマッチョ長髪金髪全身真っ赤・・・これだけでも人の視線を独占できますが、彼の最大の外見的魅力は表情ではないでしょうか。

切れ目で一重なので真顔の時は「怖い」または「クール」な印象を受けます。ここまでは良くいる表情の堅い人ですが、笑うと一変して赤ちゃんのような屈託のない笑顔を見せます。

「人の顔は今までの生き方を表す」と言いますが、あの笑顔は世間に縛られない「純粋に自分の心に従った生き方」が表れているように感じます。

純粋さを裏付けるエピソードとして、彼のトレードマークである「赤」の話があります。

元々アニメやヒーロー物に憧れていたらしく、「高校になったらヒーローになろう」と思い16歳から現在までずっと赤い服を着ています。

テレビ用のキャラ付けではなく、ガチだったと言うことですね。

高校生からずっと赤い服着るなんて、恥ずかしくて普通の人間には出来ないですよね。

大体の人はテレビや雑誌に流されて服の好みも変わってきます。

この純粋さをずっと持ち続けてたがゆえの笑顔なんじゃないかな、と思います。

まとめ

カズレーザーの内面と外面の魅力について語って来ました。

凡人の私にはおそらく天才の一種である彼を完全に理解することは出来ないと思います。

テレビ業界に彗星のように現れたカズレーザー。

芸人の枠では狭すぎる彼の器は最終的にどこに収まるのか?本当に興味が尽きません。

これからもカズレーザーの生き方に注目していきます!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする