島口哲朗(殺陣師)キルビル出演日本人が凄い!wikiや動画も紹介!【ぶっこみジャパニーズ】

こんにちは、マヤノです。

4月5日放送のぶっこみジャパニーズ

にて、殺陣指導者の島口哲朗さんが

出演されます。

島口哲朗さんは映画「キル・ビル」

にも出演し、殺陣の指導を行った

カリスマ殺陣師で、海外の人気を

獲得している凄い人なんだとか。

これはとても興味が湧いてきますね!

海外で活躍する日本人、しかも

殺陣という事でホント侍みたいな

印象を受けました。

という事で今回は殺陣師

島口哲朗さんについてアレコレ

調べてきました!

早速見ていきましょう!

スポンサードリンク

島口哲朗wikiプロフィール

「島口哲朗」の画像検索結果

本名:島口哲朗(しまぐち てつろう)

生年月日:1970年5月13日

年齢:47歳(2018年4月時点)

出身地:埼玉県所沢市

職業:殺陣師・俳優・振付師

最終学歴:日本大学芸術学部映画学科卒

剱伎衆かむゐ代表

日本舞踊七々扇流名取

埼玉県所沢市で生まれ、今年で

47歳を迎えた島口哲朗さん。

高校時代は野球をやっていた事から

運動は得意だったそうですね。

自身の考えを作品に反映できる、

物書きを目指し日大芸術学部へ進学。

実は早稲田も受かっていたらしく、

頭も相当良かったんですね。

殺陣師への道は大学時代、

クラブ勧誘の際に生で殺陣を見て

感動した事がキッカケでした。

その後は日芸の殺陣同志会に所属。

真田広之さんも入っていたクラブで

在学中から様々なプロに呼ばれ

ステージに立っていたそうです。

その後も殺陣に活かすために

日本舞踊の名取になるなど修行を

積み、1998年に殺陣パファーマンス

グループ「剱伎衆かむゐ」を設立します。

スポンサードリンク

活躍を求めアメリカへ

「剱伎衆かむゐ」を立ち上げた

ものの、全く仕事がなかったそうです。

そこで島口哲朗さんはバイトで

貯めたお金で、アメリカは

ロサンゼルスに飛び立ちます。

海外に活躍の場を求めたんですね!

当時は英語も喋れず、お金も無い

知り合いもいないといった過酷な

状況の中、路上にてストリート

パフォーマンスに明け暮れていました。

そんな中、パフォーマンスを偶然

見ていたクエンティン・タランティーノ

と出会い、2003年の「KILL BILL」

に繋がります。

努力は誰かが見てくれているんですね。

まさにアメリカンドリーム!

島口哲朗さんはキルビルにて

「MIKI」役で出演、同時に役者陣に

剣の技術を教えるなど、映画の根幹

である殺陣の振付を担当しました。

「島口哲朗 キルビル」の画像検索結果

関連画像

世界的にヒットし、現在も人気の

あるキルビルは、島口哲朗さん無し

ではあり得なかったのかもしれません。

キルビルを期に一気に有名になった

島口哲朗さん。

その後、環境は一変し映画や

メディア出演依頼が殺到。

日本にいても世界中の道場から

教えを請いに、様々な人が訪れる

様になり、カリスマ殺陣師として

知られることになりました。

スポンサードリンク

島口哲朗の殺陣が凄い!

現在はヨーロッパや欧米を中心に

世界中で活躍する島口哲朗さん。

海外では

「サムライソード」

「サムライアーティスト」

として人気があり、様々な国で

ツアー公演を行っています。


殺陣と演舞を融合させ、ショーに

昇華させた島口哲朗さん。

そのほかにも・・・

アーティストとのコラボ活動も

精力的になさっています!

島口哲朗さんの殺陣もカッコイイ

ですが、布袋さんのギターもヤバいですね。笑

ぶっこみジャパニーズでは

今回、ぶっこみジャパニーズに

出演し鏑木正成一族を名乗るエセ

殺陣集団を正してくるようですね!

金棒を振り回し、大外刈りを

多用するそうなんですが、一体どこ

で勘違いしたんでしょうか。笑

アルゼンチンの人じゃ本物の殺陣

は分からないですよね。

番組の見どころはメチャクチャな

殺陣と、島口哲朗さんの本物の

殺陣が最大の見所ですね!

アルゼンチン殺陣回前のエセ和食

に関してはコチラでまとめています。

→奥村仁(天ぷら料理人)は阿部銀座本店二代目!

スポンサードリンク

今回のまとめ

いかがでしたか?

サムライアーティスト島口哲朗さん

について、アレコレまとめてきました。

島口哲朗さんは2012年に剱伎道

というオリジナルメソッドを創立し、

今後さらなる活躍が期待されます。

日本の良さや文化を、殺陣という

パフォーマンスを通して知られる

事は、同じ日本人として嬉しい限りですね!

Twitterではカリスマ殺陣師という

番組の紹介に謙遜していましたが、

間違いなくカリスマ殺陣師だと思いますよ!

これからも国内外での活躍に注目しましょう^^

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする