荘口彰久(フリーアナウンサー)の経歴や結婚。福山雅治との関係は?【とくダネ!】

こんにちは、マヤノです。

毎朝お世話になっている番組「とくダネ!」。

番組リポーターの中でも一際人の良さそうな「荘口彰久」さん、ラジオ界ではとても有名な方なのですが、ネット上に彼の事をまとめたサイトが無かったので、自分で作ってみました!

という事で、今回は荘口彰久さんの経歴や結婚についてと、あの福山雅治さんとの関係についてまとめてみました。

スポンサードリンク

■荘口彰久さんの経歴、結婚について

荘口 彰久

出典:http://artist.amuse.co.jp/artist/souguchi_akihisa/

本名:荘口彰久(そうぐち あきひさ)

生年月日:1968年5月19日(49歳)

出身地:熊本県熊本市

最終学歴:早稲田大学法学部

趣味:料理、旅行、映画、健康(オタクレベルらしいです)

所属事務所:アミューズ

●結婚について

結婚はしているようなのですが、ラジオ内で「ウチのカミさん」という発言くらいしか情報が無いので詳しくは分りませんでした。

とくダネ!での発言から、お子さんはいるみたいですね。

●経歴

1992年にオールナイトニッポンで有名なラジオ放送局「ニッポン放送」に入社。

「伊集院光のOh!デカナイト」で外回りのレポーターとして活躍。

同番組内での扱いが、局アナとは思えないほど小間使いとしての仕打ちを受けていたようで、伊集院光からの呼び名は「眼鏡面」、コンタクトに変えたら「凹み面」という風に結構イジられていたみたいです。

この番組でアナウンサーとしての実績や人気を積み上げて行きました。

デカナイト終了後は「オールナイトニッポン」のパーソナリティとして人気に。

この頃のオールナイトニッポンは迷走期だったようで、新しい放送スタイルに移行している時期でした。

その中で唯一「昔ながらのフリートーク」「音楽中心」の放送スタイルを崩さなかったため、変革を良く思っていなかった旧来のリスナーからの人気が高かったようです。

ちなみに最も影響を受けたラジオパーソナリティに伊集院光を上げており、昔ながらの放送スタイルもデカナイトでの経験が大きかったのでしょう。

2004年5月にニッポン放送を退社、退社当時は「制作局アナウンス部主任」にまで上り詰めていたようです。

2004年10月、アミューズに所属。

5月から10月までの期間中は、所属事務所が決まっていないことから

「フリーターアナウンサー」を自称していました。笑

その後、度々出演していた「福山雅治のオールナイトニッポンサタデースペシャル魂のラジオ」のパーソナリティを番組終了の2015年3月28日まで務める。

現在は「とくダネ!」やラジオ「今夜もオトパラ」などで活躍中。

■福山雅治との関係

「荘口彰久 福山雅治」の画像検索結果

出典:https://fmsp.amob.jp/

「福山雅治のオールナイトニッポンサタデースペシャル魂のラジオ」を10年以上務めた事から、福山雅治さんとの親交は深いようです。

福山さんからは「荘ちゃん」と呼ばれており、テレビでは放送出来ない「大人のネタ」のトークを二人で楽しそうに喋っていたのは記憶に新しいですね。

放送局にお子さんを連れてきた時は、福山さんが良く遊んでくれたらしく、福山さんは子供が好きだったようです。

福山さんの電撃結婚の際も、事前には教えて貰っていなかったものの、直接メールで報告を貰ったそうです。

所属事務所も同じなので、これからも一緒に仕事をすることがあるのかもしれません。

それにしても福山さんに遊んでもらえたお子さんは羨ましいですね。笑

スポンサードリンク

まとめ

いかがだったでしょうか。

「魂ラジ」でお馴染みだった荘ちゃんこと荘口彰久さん、テレビで見ると元リスナーとしては

「こうゆう顔だったのかぁ」と不思議な気持ちになります。

現在は地底人ラジオという放送でタッグを組んでいてやはりこの二人はいいなぁと再認識しています!

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする