阪神大和、横浜ベイスターズにFA移籍決断!年俸やレギュラーはどうなる?

こんにちは、マヤノです。

阪神の超ユーティリティプレイヤー大和。

この度、横浜DeNAベイスターズに移籍が決定しました。

阪神のファンの管理人として

なんとか残留して欲しかったのですが、

正直諦めていたのが本音です。

獲得にはオリックスとベイスターズが名乗りを

上げていましたが、最悪の結果になってしまいました。

パのオリックスであれば交流戦、日本シリーズ

以外で当たることは無いのですが、

移籍先はクライマックスシリーズを争った

同一リーグの横浜ベイ・・・。

ある程度覚悟はしていましたが

精神的にもペナント的にも本当に痛いですね。

という事で今回は、

元阪神大和選手の横浜での年俸や

ペナントでのレギュラーについて

書いていきます!

スポンサードリンク

横浜での年俸

「大和 阪神」の画像検索結果

出典:http://tigers-web.com

さて、横浜へFA移籍した大和ですが

年俸や契約を見ていきましょう。

阪神の機関紙とも言えるデイリースポーツによると

大和には、4年総額4億円を遥かに上回る条件を出したようです。

ちなみにオリックスは3年総額3億+レギュラー確約(ほぼ)

阪神の方は4年総額4億5千万。と、なっています。

阪神が45000万なので横浜もそれと同等か

それ以上出したのでしょう。

引退後のキャリアや仕事を考えても

阪神に残留するのが一番安定するはずですが、

「出場機会」を求めてのFA権行使だったので

阪神残留の可能性は元々低かったんですね~。

しかし、痛いのはオリックスですね、

センターラインが壊滅状態なので

どこでも1流並かそれ以上に守れる大和は

なにがなんでも欲しかったのではないでしょうか。

スポンサードリンク

移籍理由

上でも触れましたが移籍の最大の理由は

「出場機会」を求めてのことでした。

阪神ではスタメン出場はあったものの、

とてもレギュラーと呼べる起用法では無く

守備固めなどの「便利屋」として扱われていました。

CS敗退時、ベンチで一人残っていた姿は印象的でしたね・・・。

年齢もまだ30歳という事で

現在の便利屋扱いが嫌だったのでしょう。

野球選手ですもんね、そりゃあレギュラー取りたいですよ。

スポンサードリンク

金本監督との確執?

「金本監督 大和」の画像検索結果

出典:http://www.sanspo.com

阪神ファンの中で良く話題に出る

金本監督と大和の確執問題。

CSで即交代や「このままでは便利屋で終わってしまう」発言。

今シーズンの起用法などなど。

大和からしたら気持ちのいい言葉じゃないですよね。

ファンの間でも起用法への疑問は度々話題になり、

いつしか「監督と確執があるのでは?」と

囁かれるようになりました。

内野守備に不安を抱える阪神において、

確かに大和はレギュラー足りうる守備力を

持っているにも関わらず、この扱い。

なぜレギュラーとして使わないのか?

理由は二つあります。

●若手育成

理由の一つに「打てる若手育成」にあります。

金本阪神の最大の特徴である打てる若手育成。

和田監督時代とはうって変わって、

活き良い若手が沢山出てきましたね。

金本監督は若手が大好きで、とにかく自分が

目をかけた選手を使いたがる印象があるかと思います。

ぶっちゃけて言うと「守備より打撃」の監督ってイメージはありませんか?

●深刻な貧打

そしてもう一つ・・・最大の理由は

「チームが打てない」ことです。

「若手大好き」「守備型の選手は嫌い」「守備軽視」

のようなイメージは金本監督のイケイケなイメージで

勝手に根付いた一般論です。

その証拠に金本監督はインタビューにて

「守備力は大事だが、守備型の選手を使うと点が全く取れなくなる」

「原口の守備ではキャッチャーは無理」

との旨の発言をしていて、その他にも

守備を軽んじていない発言が多数あります。

こういった発言や、起用の意図を深く考えなかった

ファンによって「守備軽視の監督」というイメージが

出来上がったと管理人は考えています。

守備は大事だがイマイチ打てない大和を

レギュラーで固定してしまうと

今よりもっと点が取れないチームなる、

という考えだったんですね。

結局野球は、点が入らなければ勝てないゲームです。

まずは得点力を上げる、という考えは正しいと思いますよ。

次ページ 横浜ではレギュラー?ポジションは?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする